大人ニキビは終わりの見えない戦い?! 今が青春の証?!

今考えると不思議で仕方ありません。どうして中高生のころにあれほどニキビにあこがれたのか。

でも、当時は「どうしよう。つぶすべき?」やら「大きくなって痛いねん」とかいうクラスメイトの会話がすごく大人びて聞こえて、ニキビは大人になる過程で誰にでもできるものと思っていた私は、いつまでたってもツルンとしている自分の顔を見るたびに、なにやら取り残されてしまったような気がしてならなかったのです。

ニキビはできる人とできない人がいると知ったのは、母に「私もパパも若いときにニキビができんかったから、あんたも大丈夫。できへんわ」と言われたからでした。ちゃんと成長してないからニキビができないわけじゃないと少し安心しましたが、やっぱりニキビの悩みトークに参加できないのが寂しかったのを覚えています。

ニキビのお年頃を過ぎ、ニキビ跡に悩む友達を見ると、ニキビができなくてよかったなんて思っていましたが、ニキビって10代特有のものではなかったんですね。

20代半ばを過ぎたころに、ホルモンバランスが崩れる周期にはいると必ずと言っていいほど同じ場所に赤いボッチができるようになりました。「大人ニキビ」です。大人ニキビの困ったところは、ニキビができたからと言って、働く女は化粧をしないわけにもいかず、清潔にしておかなければならないのに、ニキビの上から化粧下地やらファンデーションやらを塗らなければならないところ。

なので、メイク落としにはいつも以上に時間をかけて入念にしています。2度洗い不要のクレンジングでメイクを落とした後、再度洗顔。敏感肌なのもあって、大人ニキビ用の洗顔フォームは、いくら「敏感肌用」と謳っていても怖くて使えないので、天然由来の固形石鹸を使用しています。洗顔後は触ってつぶしてしまわないように絆創膏を貼りつけます。

もし、まかり間違ってつぶしてしまった時は、恥ずかしくても潔く化粧もあきらめて絆創膏を貼ったままで日中もいるより仕方ありません。なぜなら、大人ニキビは「シミ」になるからです。若いころなら、よっぽどでなければ皮膚が再生できたのでしょうが、お肌の曲がり角を何度も曲がってきた肌では無理のようで、すでに二つほどシミを作ってしまいました。

10代のニキビは終わりがある程度わかりますが、大人ニキビの終わりは全く見えてきません。大人ニキビをからかう友達や家族には「私は今が青春やねん!」と応えるものの、あと数年は、肌を清潔に保ち、ビタミンや水分補給に心掛けていくしかないなぁと思いながら「あぁ、めんどくさっ」と心の中でつぶやくのでした。

年齢を重ねても同じ体型を維持する

私は若い頃から体型維持に非常に関心がありました。
体型が良ければどのような服を着ても似合います。

そのため、若い頃はダイエットにかなり興味を持ち、無理なダイエットも行ったことがありました。
30歳ころに体調を崩して以来、健康的にベストな体型を保つことに意識を変えてきました。

今は40代ですが、今でも若い頃からほとんど体型が変わっていないのも、毎日意識して体型維持を行っているからかもしれません。
私はウォーキングを日課としていますが、他の女性の体型を無意識に見てしまいます。

最近はどの人もスタイルが良い人が多くなったような気がします。
そのため、時々太っている人をみると、この人は何かあったのだろうか、と思ってしまうことがあります。

余計なお世話なのですが、昔から太った人を見ると、何が原因なのだろう、と考えてしまう癖があります。
太るには体質もあると思いますが、ストレスからくる過食も大きな原因の一つのようです。

特に仕事や家庭内、人間関係のストレスなどから過食に陥りやすいようです。
本人は無意識のうちに食べているので、食べ過ぎているという自覚がないようです。

私も体重が増えすぎてダイエットは失敗の繰り返しで、気分が落ちていた時期もありました。
その時は痩せることがこんなに難しいことだと毎日感じていました。

痩せようと意識しすぎると、かえってダイエットは長続きしないし、上手くいかないような気がします。
ダイエットの一番の苦しみは、食べたいものを好きなように食べられないことだと思います。

ダイエット中も好きなものを食べるためには、それ以上のエネルギーを消費する身体作りが大切だということを知りました。
それには毎日の運動が欠かせません。

好きなものを食べられない辛さよりも、毎日運動を続ける方が自分的には楽だと感じました。
そのおかげで増えた体重も、それほど辛い思いをしなくても、減らしていくことができました。

また、太っていても好きなものを食べたい、という罪悪感のようなものからも解放されたような気がします。

整形せずに二重になれる!?!?

 モデルさんや女優さんが共通して可愛くって憧れるポイントっていつの時代もパッチリとした二重ですよね。もともと二重の人っていいなって思って、思春期や現在も過ごされている方も多いのではないのでしょうか?

一重でも目をパッチリと見せれるメイク方法なども雑誌などでとりあげられています。しかし、アイシャドーやアイラインで目をパッチリとさせようと思っても、メイク初心者の方には少し難しかったり、シャドーを重ね塗りする方法だとケバく見えてしまってり…やっぱり二重の人とは違ーーう!!!と思っている方も多いのではないですか?実は私もその一人でした。

ずっとアイシャドーとアイラインの塗り方で目の印象がパッチリ見えるようにしていましたが。しかし”すっぴん風メイク”のようなナチュラルメイクが流行りだした頃に、「ツケマもせずにナチュラルメイクがしたい!!」と思ったときに私は変わろうと思いました。でもどうすれば…。

ある日パッチリ二重の友達に、「いいなぁ二重で~」と言うと「これ高校の時自分でやったんだよ!」と言われて、え!?産まれつきじゃないの??と思いました。詳しく方法を聞くと、【ずっとアイプチをしてるだけ】なんだそうです!!ホントかな。。と思いながら私はその日から早速始めました!初めは慣れなくて、二重のラインをキレイに作っておくのが難しくて朝も時間がかかりました。

お風呂から出た後もアイプチをして寝ました。そんな生活を一カ月、二か月と続けるうちに少~し変化が!アイプチをする時に、二重の形がすぐにつくれるようになってきました。さらに半年、一年と続けた結果、私の頑固だった奥二重がアイプチをしなくてもパッチリとした二重になったんです!!!

今もアイプチ生活は続けていますが、線はとれません!!こんなに嬉しいことはないですよね!メイクもナチュラルになりましたし、自分に自信が出てきました。試してみる価値はあるかもしれないです。

ニキビ跡へのおススメアプローチ

ニキビは出来てしまったが最後、跡に残りやすいものです。

なぜか同じようなところにばかり出来てしまう繰り返しニキビや、ついつい気になって触れてしまい悪化したりうっかり潰してしまったり。そしていつの間にか消えにくい爪痕が残りますよね。
10代の頃は肌の新陳代謝が良いせいか自然と徐々に薄くなることも多くさほど気にならないものですが、20代・30代と年齢を重ねるにつれニキビ跡はなかなか頑固で消えにくくなります。

これ以上ニキビを増やさないことは勿論、ニキビの出来にくい肌に変えることが大切になってきます。

まず重要なのがビタミンです。
ポイントは体外・体内の両方からの摂取を心がけること。

体外からのものとしては、ニキビ跡に直接つけられるビタミンCを多く含んだ美白効果のある美容液などがとても効果的です。
体内からは、ビタミンを多く含む食品を多くとること。ビタミンは水溶性のものが多いので、1回にまとめてとることは避け3食の食事に分けて取り入れることを意識します。なかなか必要量を毎日食べ物から取り入れることは難しいので、サプリメントなどを併用すると安定して体内にビタミンが存在する状態をキープできます。
スキンケアや食事など毎日行うものに取り入れると、難なく習慣化されるのでおススメです。
私は美白効果のあるビタミンC美容液を使用して、色素沈着にが改善されました。ニキビ跡は根強いものですが、毎日根気よく続けていくことで確実に効果は実感できるようになります。

毎日の丁寧な基礎スキンケアもとても大切です。

ニキビ跡の中でもクレーターになってしまったものは消えませんがですが、化粧水で潤しクリームやオイルなどでしっかり保湿をおこなうことで、肌に弾力がうまれふっくらするため目立たなくすることが可能になります。
こうしてビタミンを意識した食生活や丁寧なスキンケアを続けていくと、すでに出来てしまったニキビ跡は改善されていき、肌質そのものが良くなるので、ニキビそのものが出来にくい肌になり一石二鳥の効果を得られます。肌のトーンも1つあがりますよ。

美肌効果のある食生活を送る

私は数か月前からローズヒップティーを飲んでいます。デトックス効果と美肌効果を期待しています。

ローズヒップティーは酸味があるので、最初は少し抵抗がありました。しかし、慣れてくるとその酸味も美味しさの一つとなりました。

何といっても色が赤くてキレイなのが気に入っています。お茶は茶色系が多いので、赤い色は元気が出てくるような気がします。

カラーセラピーがありますが、私は以前からカラフルな色が好きです。個人的に絵も描いていて、カラフルな色を見ているだけでも癒されます。

そのため春はパステルカラーが増えて、気分的にも楽しい気分になるので嬉しい季節です。色の効果はメンタル的に大きく作用して、それが美容や健康にも影響が出てくるようです。

特に冬は景色がモノトーンになりがちです。そのため、クリスマスの飾り付けを春まで行っています。

冬はせめて部屋の中だけでも、華やかな気分でいたいという気持ちからです。北欧のデザインはカラフルですが、心理的にはそれに近いものがあるかもしれません。

ローズヒップティーは見た目の色もキレイですし、美容効果も高いので今では毎日飲んでいます。肌荒れが長年の悩みでしたが、ローズヒップティーのおかげで少しずつ改善されてきているかもしれません。

また、天気が良くなってくると紫外線が気になってきます。紫外線対策にはビタミンCが効果的です。

今後はローズヒップティーだけではなく、さまざまなビタミンCを摂っていきたいと思っています。果物や野菜などをたくさん食べて、美肌効果を上げて行きたいと思っています。

長年の肌荒れも根本的に体質を改善することによって、治っていくかもしれないと思うようになりました。美容と健康のためにも栄養素を考えた食生活を送っていきたいと思っています。

そのためにも食のことについて、まだまだ知らないことが多いので、今後はさらに知識を増やして、毎日の食生活に活用していきたいです。そしていつかは肌荒れの悩みから解放されたいです。

ちなみに肌割れとは少し違いますが、私は顔汗でめちゃくちゃ悩んでいました。食に気を使うようになってからは、顔汗で悩まされる事は有りません。なので顔汗を止めるなら食事から改善されてみては如何でしょうか。