クラチャイダムの効果を紹介します

クラチャイダムについてまず簡単に説明すると、タイを原産地とする天然のハーブです。男性の精力を増強させる働きや滋養強壮効果があると言われ古くから現地の人に使用されてきたのです。

なので安全性と効果は実証されています。クラチャイダムという名前は耳馴染みがなくても黒生姜や黒ウコン、ブラックモジンジャーと言う言葉なら耳にしたことがあるという人も少なくないでしょう。それらは全て同じモノを指しますし、沖縄で生産されたクラチャイダムのことを黒ウコンと呼びます。

ショウガ科の植物で主成分はアルギニンと抗酸化成分で、アルギニンには血行促進作用があり抗酸化成分は男性力を高める効果があります。ちなみにアルギニンは精力剤などにも使用されている成分で、ペニス増大の効果も期待されています。あと日本で代表的な精力増強させるハーブはマカですが、マカにもアルギニンが含まれています。そしてクラチャイダムとマカを比較するとクラチャイダムの方がアルギニンの成分が2倍も含まれているのです。

またアルギニンは血行を良くするだけではなく、精子を作るタンパク質で、血管を拡張し勃起力をアップさせる効果がある認められているアミノ酸です。さらにクラチャイダムの効果と効能としては性機能向上と勃起不全改善効果の他にアンチエイジング冷え性の改善、メタボ対策、ダイエット効果などが期待できます。

基本的にクラチャイダムは天然ハーブなので副作用はほとんどないということが出来ます。ですが規定の量を守らずに過剰摂取すると体内の成分バランスが乱れてしまい下痢や胃痛、倦怠感といった症状を引き起こします。また過剰摂取を続けると肝臓機能や腎臓機能の低下といった症状が出ますが、サプリメントを決められた量飲む分には全く問題はありません。

勃起不全(ED)の原因と対策について

日本の男性の約半数が実は悩んでいると言われる勃起不全(ED)ですが、この原因と対策についてここでは紹介したいと思います。

まず、勃起不全(ED)の原因ですが、もちろんこれにはいくつかあります。
1つ目に挙げられるのが、何と言っても最大の原因と言えるストレスです。
現代人は、仕事や日々の生活でストレスが溜まっている方が多いです。
このストレスがたまることによって、体の中の血流や血行が悪くなってしまうのです。
勃起不全(ED)には血流が大いに関係していて、勃起というのは、血流が良くないとしないものなのです。

また、もう1つの原因は、運動不足による勃起不全(ED)です。
運動不足や高カロリーナ食事、もしくは脂質の高い食事ばかりを摂取しているという方は、これによって血管が詰まってしまいます。
血管が詰まると、先ほどと同じように血流や血行が悪くなってしまいますから、勃起する力が無いので、勃起不全(ED)となってしまうのです。

ですから、これらの解決策としておすすめなのが、ストレスをためないようにすること、そして、適度な運動とバランスの良い食生活をとるということです。
例えば、自分は人よりも小さなことで悩んでしまうとか考えてしまうという人は、できるだけあまり考えないようにしましょう。
そして、普段まったく運動をしないという方は、家から駅まで歩いて通うようにするとか、家でストレッチをしたり、マッサージをお風呂の後にやってあげると血流が良くなるのでオススメです。
また、食事は健康の源となります。
日頃から高カロリーや脂質の高い食事はなるべく避け、ヘルシーでバランスのとれた食事をとることと、血の巡りが良くなるような、そして精力が付くようなウナギなどの食べ物を意識的に摂りましょう。

男性にとって嬉しいマカの成分

精力剤の成分と聞かれるとまず思い浮かんで来るものといえばマカだと思いますが、実際に飲んでみたことがない人にはどんな効果があるのかイマイチなところがあるかもしれません。今回はそのマカの成分についてお話したいと思います。

マカというのは実は歴史がとても深い成分であり、元々は紀元前1600年ほどから栽培が続けられている由緒正しき作物なのです。その成分には、鉄,カルシウム,ポリフェノール,サポニン,タンニン,ステロール,アルカロイド,ポリフェノールなどの良い成分が入っており、伝統的にも強壮作用や滋養強壮と共に性欲増強や男性機能回復などに使われてきました。面白いことに男性の性的な効果はもとより女性の生理不順や不妊症にも効果があることも分かっており、どちらにせよ性的な問題を解決してくれるサプリの成分としてはとても優秀なものなのです。

さて今回は男性にとって嬉しい成分としてのマカの説明なのですが、大体のお店で売られている形状としてはカプセル型のサプリメントでしょう。粉末で飲むのが効果的ではありますが、ドリンクタイプのものにも入っていることも多いので、自分の好みで選ぶのがいいと思います。

ただしこのマカに限った話ではないのですが、精力剤として飲む場合には一回きりという飲み方はあまり薦められず、長期的に服用した方が効果がより出やすくなるというのが通例であります。マカにに関しては大体二ヶ月ほどしっかりと飲み続けると効果が目に見えて違ってくるという報告があります。その効能としては男性ホルモンのバランスを調整したり、血流増強効果による陰茎の働きの増進、心因的インポテンスの改善などがあります。勿論夜の生活だけではなく、疲労回復などの効果もあるため健康増進のサプリメントとしても男性にとっては良い成分だと言えるでしょう。

力が減退する原因は男性ホルモンを生成する能力の低下

精力が減退する原因はどのようなものがあるのでしょうか?精力が減退する原因は、男性ホルモンを生成する能力が低下するためです。ここでは、男性ホルモンを生成する能力が低下する原因についてご紹介しましょう。

加齢は男性にとって大敵

男性ホルモンは、ピークが20代の前半で、その後少なくなってきますが、個人によって少なくなる速さは非常に違っており、20代と同じくらいの男性ホルモンが60代になっても体内に持っているような場合もあるようです。

ストレスも男性ホルモンが低下する原因

男性がストレスを心理的に感じた場合、男性ホルモンを生成する能力が減退してしまいます。というのも、ストレスを感じると、自律神経がアンバランスになり、信号を下半身の勃起中枢へ脳内から送る副交感神経が働かなくなります。そのため、男性ホルモンが精巣で生成されないので勃起不全になります。

具体的なストレスとしては、仕事中のストレス、子供が成長した場合の教育についての不安によるストレス、嫁姑とのトラブルよるストレス、経済的な悩みによるストレス、などのようなものがあります。

生活習慣も原因になる

具体的には、睡眠不足、栄養バランスが良くない食生活などが精力減退の原因となります。

精力をつけたいならこれを食べろ!

精力をつけたい、今よりももっと精力をアップさせたい、そう考えている方に精力アップに効果のある食べ物を紹介いたします。

基本、精力アップには亜鉛などのミネラルやビタミンを多く含んだ食材を摂るのが良いとされています。亜鉛は男性ホルモンと深い関わりがあるため、精力アップにつながると考えられています。この亜鉛を豊富に含む食材として牡蠣、レバー、うなぎ、にんにくなどがあげられます。

これらの食材を積極的に摂ることによって男性ホルモンの代謝が活発になり、精力アップにつながるのです。特に牡蠣は亜鉛だけではなく、これまた精力アップに欠かせない鉄分やタウリンも豊富に含まれているのでとても優れた食材といえるでしょう。

また、男性ホルモンを活発にさせる食材として山芋やゴマなどもあげられます。これらの食材は滋養強壮作用も備わっているため、精力のアップへとつながります。さらに豚肉に含まれるアルギニンも精力アップへと導く成分でありますので積極的に摂ることで効果がみられるでしょう。

精力がつく食材を効率的に摂取する方法

では、これらをどのようにすれば効率よく摂取できるのでしょうか。
例えばアルギニンが多く含まれる豚肉は、精力アップに欠かせない大切な食材であるのですが、豚肉は脂肪分も多いため、摂りすぎるとコレステロールが体にたまってしまいます。

そうなりますと血液の流れが悪くなりますので、かえって逆効果になってしまうこともあるのです。そうならないために血液の循環をよくする野菜類などと一緒に豚肉を食べることによって最大限に効果を発揮するのです。

あくまでも精力アップに期待できる食材を集中的に摂取するのではなく、その食材を摂取しつつバランスよく様々な食材を一緒に摂ることでより効果が出て精力アップへとつながるのです。

禁煙生活丸1年 精力回復を実感しています

私は50代、少々早いのかもしれませんが、数年前から精力ダウンを実感していました。同世代の友人にはバリバリの現役という人が少なくありません。妻にも申し訳ないように感じましたので、自分なりに精力改善を考えました。

お医者さんに行くのはいやだったので、自宅で改善できる方法をネットで検索。専用のサプリメントがたくさん出ていることがわかりました。勃起のメカニズムやEDの原因などもわかってきました。

そして私が「試してみよう」と決めたのが、禁煙です。年齢的に健康に対する関心は人並みにあります。長年の喫煙習慣が将来の健康不安につながることも、もちろん考えていました。しかし、「精力減退と喫煙」の関係については、考えてみたことはありませんでした。

たまたま見たサイトで、お医者さんの話が載っていたのですが、「タバコは男の大敵」というではありませんか。理由は2つ。1つは、タバコに含まれるニコチンが持つ「血管収縮作用」。いうまでもなく勃起はペニスへの血液集中によっておこる現象です。その血流がニコチンによって悪化すれば、結果、勃起力が衰えるというわけです。

もう1つが一酸化炭素。タバコに含まれる一酸化炭素が体内のビタミンやミネラルを浪費してしまい、さらに、精子のもとになる細胞を破壊してしまうというではありませんか。
「そんな恐ろしいことが!」と感じた私は、禁煙を強く決意したのです。

あれから、丸1年経ちました。禁煙自体は、そうかんたんなものではありませんでしたが、「男として終わってしまいたくない」という強い思いが、人生初めての禁煙を成功させてくれたにちがいありません。

タバコをやめてまず感じたのが、朝が爽快であること。次に、食事がおいしいこと。要するに体調が改善されたわけです。そして、その効果は、どうやら下半身にも表れはじめました。数か月前から、「朝立ち」が戻ってきたのです。「妻との夜」も、少しずつですが復活してきました。

サプリなど、ほかの対策は講じていませんから、私の場合、禁煙が精力復活につながったと考えていいのではないでしょうか。