年齢を重ねても同じ体型を維持する

私は若い頃から体型維持に非常に関心がありました。
体型が良ければどのような服を着ても似合います。

そのため、若い頃はダイエットにかなり興味を持ち、無理なダイエットも行ったことがありました。
30歳ころに体調を崩して以来、健康的にベストな体型を保つことに意識を変えてきました。

今は40代ですが、今でも若い頃からほとんど体型が変わっていないのも、毎日意識して体型維持を行っているからかもしれません。
私はウォーキングを日課としていますが、他の女性の体型を無意識に見てしまいます。

最近はどの人もスタイルが良い人が多くなったような気がします。
そのため、時々太っている人をみると、この人は何かあったのだろうか、と思ってしまうことがあります。

余計なお世話なのですが、昔から太った人を見ると、何が原因なのだろう、と考えてしまう癖があります。
太るには体質もあると思いますが、ストレスからくる過食も大きな原因の一つのようです。

特に仕事や家庭内、人間関係のストレスなどから過食に陥りやすいようです。
本人は無意識のうちに食べているので、食べ過ぎているという自覚がないようです。

私も体重が増えすぎてダイエットは失敗の繰り返しで、気分が落ちていた時期もありました。
その時は痩せることがこんなに難しいことだと毎日感じていました。

痩せようと意識しすぎると、かえってダイエットは長続きしないし、上手くいかないような気がします。
ダイエットの一番の苦しみは、食べたいものを好きなように食べられないことだと思います。

ダイエット中も好きなものを食べるためには、それ以上のエネルギーを消費する身体作りが大切だということを知りました。
それには毎日の運動が欠かせません。

好きなものを食べられない辛さよりも、毎日運動を続ける方が自分的には楽だと感じました。
そのおかげで増えた体重も、それほど辛い思いをしなくても、減らしていくことができました。

また、太っていても好きなものを食べたい、という罪悪感のようなものからも解放されたような気がします。